読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女性を口説くためのライン、メールの返し方と方法

30代女性を口説くためにモテる男はどうライン、メールを返し、どのような方法で会話しているのか。恋愛上手は経験によって培われます!モテるために必要なノウハウ、コツについてまとめてみました。好きな女を落とすために恋愛スキルを鍛えましょう!交際経験なし、彼女なしは終わりにしませんか?

狐につままれるの語源と意味、女子大生だらけの都会で彼女を作る

ニュース、トレンドから考える恋愛心理
おしゃれな店は入りづらいのでいつもユニクロで済ましてしまうあなた。 しかし、おしゃれな服がそろうネットショップならそんな心配もありませんよ! →   コーディネートの参考にもゼヒ!メンズカジュアルをトータルで販売♪

狐につままれるって言葉たまに使いますよね。驚いて何が起こったか分からなくなったときに「狐につままれる」と言う言葉を用います。

 

ところで、つままれるってなんだと思いません?包まれるかと思っていましたが、そもそも”狐に包まれる”という状況を想像してみるとおかしなことこの上ないので包まれているわけではないのでしょうw

 

狐につままれるとは語源は「つまむ」からきているようで、突発的に起こる意味が分からない戸惑いを”不思議な力で人をだます”と信じられてきた狐に騙される状況に重ねているのです。

 

そもそも”つまむ”とは、指先で挟み持つ、要点を取り出す、そして「狸や狐などが人を化かす」という意味があり、騙されるのは人間ですから、受け身言葉の「つままれる」が使われることになるそうです。

 

そして実際に”つままれる”わけではないので、表現として”つままれたようだ”と言うようになりました。

 

 

f:id:charyojaki:20160826040722j:plain

 

そして、狐につままれたような感覚を覚えることは世の女子大生と会話をしていてもありますよね。

 

え、そんなこと思ってるの?みたいなw

 

僕は昔付き合っていた彼女が電車に座っている女を見て「デブかつブスなのになんで短いスカートはいてんの?」なんて言っていましたw

 

これこそ狐につままれる感覚ですよねw

 

女子って怖いな・・・と思った経験の内の一つです。。

 

そんな女子大生だらけの東京で彼女達と付き合うのはどうすればよいのか?今回の記事のテーマですw

 

女子大生とはバイトで出会おう!

バイトで女子大生に出会いましょう!大学生は大学の構内を見渡しても「自分の好みの女の子がいないよ。。」しかも目をつけていた女の子はみんな彼氏持ち。。ということはあると思います。

 

それじゃあ恋愛できないですよね。それならばちょっとでも視野を広げてみましょう。

 

出会いの幅が広がるバイトと言えば・・・とりあえず居酒屋だと思います。

 

社会人の方でも居酒屋で働いている女の子は口説きやすいですし、女の子も彼氏が欲しいと思っている人も多いんです。

 

注文取るときに軽く話して、連絡先を交換しちゃいましょう。僕は「HUB」というバーで女の子とライン交換したり、居酒屋で女の子と連絡先を交換したりしたこともありますので、結構飲み屋にいる女の子は恋愛に乗り気です。

 

f:id:charyojaki:20160826040743j:plain

女子大生(若い女の子)が好む男とは?

女子大生は普通に目にする異性は「大学生」ですよね。社会人は彼女たちから見たら異質なわけです。若い女の子は基本的に年上の男を好みます。それは何故かというと、社会人は単純に周りの男達と”差”があるから。

 

社会人は大学生との「違い」を上手く伝えられる人がモテます。

 

それが女子大生にとってインパクトに残るわけです。

 

それと若い女の子はお金とルックスのどちらかを取るのかという問いに対して「七対三でお金をとる」傾向があるのだとかw

 

要するにお金と経験のある社会人は学生に比べて恋愛市場において需要があるということです。

 

女子大生にモテる男になるための恋愛テクニック

 

女子大生と接するに当たって違いを見せるには、

 

・周りの男と違う落ち着きを見せる。

・雰囲気の良いお店に連れて行く。

・周りの男が経験していないようなことを語る。

 

などが挙げられます。

 

普通に考えていろんな人生経験を積んでいる人間の方が魅力的で当たり前です。基本的には年齢が上の社会人の方が学生よりもモテるのは当然なんですよ。

 

従って出会える場所を見つけたら簡単に恋に発展します。まあ、居酒屋やバーなど薄暗区手お酒が飲める空間が一番出会いやすいし、恋愛に進展しやすいです。

 

まずは恋愛テクニックを身に付けることと女性の機微に敏感になることが大切ですね。